採用

【最新】有効求人倍率・新規求人倍率・正社員有効求人倍率(2021年8月分)

最新の一般職業紹介状況のデータをもとに、有効求人倍率、新規求人倍率、正社員求人倍率、職業別求人倍率をグラフ化してまとめています。中途採用担当として、中途採用市場全体の状況把握や、要件定義・求人の打ち出しなどの参考に活用いただける内容です。ぜひご覧ください。続き

採用

内定通知書と労働条件通知書の違い|労働基準法に準拠した内定出しの方法

最終面接が合格となれば、応募者に労働条件通知を行い、入社意思を確認する段階に入ります。採用が近いからと気を抜いてしまうと、思わぬトラブルになるリスクもある大事なフェーズです。本コラムでは、労働基準法をベースに、内定通知書と労働条件通知書の違いや、内定を出す際の注意点につ

採用

採用数を倍増させる採用戦略のつくり方|採用KPIの考え方と事例

「応募数は増加しているが、なかなか内定承諾に繋がらない」「採用の総数は増えているが、職種間でバラツキがあり、一人も採用できてない部署がある」「母集団形成のためにエージェントとのコミュニケーションを増やした結果、逆に応募数が減った」「様々な施策を行っているが、どの施策が成果に繋が

採用

エージェントを増やす際の選定基準|データベースとアプローチ手法で選ぶ

中途採用にて、思ったように応募者が集まらない時、その1つの解決策として「エージェントを増やす」という手法があります。本コラムでは、エージェントを増やしたいと考えた時に、数多あるエージェントの中からどんな基準で選ぶのが良いか、選定基準や注意点について解説します。

採用

ダイレクトリクルーティングで採用数を増やすための3つのポイント|スカウト文面の事例付き

ダイレクトリクルーティングは、気になる人材に対して企業が接触を図り、採用を行う手法です。人材紹介会社を仲介しない、企業が自らスカウトを行い応募喚起するなど、従来の採用手法とは異なる点が多く、新たな採用手法の一つとして導入する企業が増えています。実際に、当社へのご相談も「

採用

求人募集前に決めなければならないこと、やりながら修正すれば良いことの区別がついていますか?

突然ですが、採用活動を始めて、求職者から募集を募る前に決めなければならないことと、採用活動を進めながら修正していけば良いことの区別、理解ができていますか?非常によくあるケースなのですが、この区別ができていないが故に、あらゆることを、とりあえず始めてみてやりながら修正しよう、と進

採用

人材紹介会社からの推薦を増やす情報提供術lエージェントの種類と具体例

中途採用を行っている多くの企業にとって、人材紹介サービスは外すことが重要な採用手法の一つです。事実、HR総研が行った2019年のアンケートでも、中途採用で利用している手段・サービスとして、73%の企業が人材紹介を挙げており、他を押さえて1位となっています。上手く人材紹介

採用

最終面接でお見送りが頻発する問題をどのように解決するか?|現場と役員の目線がズレているケース

1次面接、2次面接で◎の候補者が、最終面接でお見送りになった。しかも人物で。こんな経験をしたり、恒常的にそんな状態が続いており、頭を悩ませている人事担当の方もいると思います。最終面接まで工数をかけて進めてきた非常に評価が高い候補者が、何か腑に落ちない理由でNGになってし