マネジメント

仕事はするが勤務態度に問題がある社員への対応をどうすればよいか?

任せられた仕事はするけれど、発言や態度に問題があり、チームに悪影響を与えている社員がいるがどうすればよいか?という相談をマネジャーからよくいただきます。当該社員は、「仕事はちゃんとしてるからいいでしょ」という理屈で、仕事はちゃんとしているから上司として強く言えず、言うことを聞か

マネジメント

承認・称賛の文化醸成|メンバー同士で承認・称賛し合うチームの作り方

承認・称賛には、人間関係を良化させたり、仕事へのやりがいやモチベーションを高めるといった効果があります。チームメンバー同士で承認・称賛し合う文化づくりは、以下のような考えをお持ちの方に効果的です。・マネジメント人数が多い(今後、多人数をマネジメントするキャリアを希望する

マネジメント

マネジメントにおける認知的不協和理論|部下の不満はこうして生まれる

認知的不協和とは社会心理学の用語です。マネジメントは人を扱うので、人の心理的な傾向を知っておくことはとても役に立ちます。対応に苦慮する部下を抱えている際などは特にです。人は見たいものを見る、人は一度決めたらそれを正当化させようとする、といったことはよく言われる言葉ですが

マネジメント

マネジメントできる適正なチーム人数は何人か?|スパン・オブ・コントロール

マネジャーのマネジメント人数はいったい何人が適正なのでしょうか?上限のようなものを設けている企業もあれば、部署によってバラバラといった企業もあります。よくサーベイ結果を見て、あの組織長はマネジメント能力が低いみたいだ、と言われる方がいらっしゃいますが、必ずしもそうとは言

マネジメント

部下を成長させる超実用的な指導法|パワハラにならない指導の仕方

先日、労災認定された上司によるパワーハラスメントによるトヨタ自動車社員の自殺について、遺族と和解したとのニュースが大きく報じられました。今もなお多くの企業でパワハラが横行しているかといえばそうではなく、怒鳴ったり、人間性を否定する叱り方をする管理職は昔と比べ大きく減っています。

マネジメント

目標設定のポイント|計画実行度を高め、振り返りの精度を高める「SMART」

半期や四半期に一度などスパンは違えど、皆さん「目標設定」は行っているはずです。マネジャーになると、チーム目標や評価軸と整合させたり、きちんと振り返りできるように目標達成の基準を明確化したり、達成のためにどんなアクションをとれば良いのか具体化したりと、メンバー個々人の目標

マネジメント

ジョブ型雇用のポイント解説|よくある勘違いへの回答付き

ジョブ型雇用という言葉を最近よく聞くようになりました。ジョブ型雇用とは、日本の働き方と欧米の働き方を分かりやすく説明するために日本で作られた言葉で、欧米の働き方を表す際に使われています。ここ1,2年で、大手企業でジョブ型雇用を導入といったニュースをよく目にするようになり

マネジメント

部下の叱り方|マネジメントにおける指導と叱るの使い分け

マネジメントにおいて、どんな時に「叱る」を活用していますか?長年マネジメントをやっていても、あまり考えたことがなかったという方が多いかもしれません。指導の方が効果的なのに叱ってしまったり、相手やその時の気分で叱る/叱らないの判断がぶれてしまったりと、良くない叱り方をして

マネジメント

【第2回】ティール(進化型)組織について徹底解説|ティール組織の3つの特徴とは?

2018年に日本語版が刊行された『ティール組織 ― マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現』。米コンサルティング会社のマッキンゼーで10年以上組織変革プロジェクトに携わり、その後独立したフレデリック・ラルー氏が書いたこの本は、550ページに及ぶ大作の組織論の本でありながら、